ポスレジのシステム導入で得られるメリット

ポスレジシステムの導入にて得られるメリットについて説明します。


ポスレジはPOS(POINT OF SALE)の略称で、販売する時点という意味を持ち、レジにて客の購入商品をバーコードスキャナーや手入力にて認識し、商品情報を瞬時に読み取り、レシートに記載させるシステムです。

NAVERまとめ情報の理解したいならこちらのサイトです。

また、それと同時に本体に搭載されたメモリー機能に販売した商品の情報が蓄積され、商品別の販売統計や推移、売れ筋の配置場所などを把握することが可能で、仕入れ額の調整や最適な配置方法、売れる時間帯など様々な分析が可能です。多くの機能を搭載したポスレジでは、顧客会員カードを認識させ、購入ポイントの付加させることも可能です。

購入ポイントは、顧客へのインセンティブでありながら、本来値引き可能な金額をポイント付加させることで客を囲い込む狙いがあり、ポイント2倍デ―などが顕著に売り上げが上がります。
ポイント利用は損金処理がされ、しかしながら本来は値引きできる金額がポイントに代替しているため、まったく損ではありません。

しかも、システムとして搭載された機能で、処理を円滑に行い、購入者の年代や購入金額、ポイント利用歴、購入物などの情報分析を的確に行います。

ポスシステムを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

これにより収益性がアップし、さらに手打ちレジと比べて時間の短縮と人件費の削減にも効果を出します。

問題としては、導入費用が掛かることです。

多くの企業がリースとして導入ていますが、閑散時間帯には稼働していないレジも出るため、売上悪化により費用対効果が得られないことがあるでしょう。